講座のご案内

ホーム講座のご案内

2020/09/04

現在コロナの関係で、講座開講未定とさせていただいております。

2019/10/07

今晩は♪

 

講座の変更と新募集についてご案内を致します(^o^)v

 

12月12日~スタート予定だった手相人相術ですが、

現段階でお申し込みが少なかった為、予定より早くではありますが、

開講を断念する事になりました、つきましては急遽別講義を募集します。

 

 

〈スーパー基礎講座〉

12月開講

《開講曜日》

木曜日講座

《開講週》

第2第4木曜日

《開始日時》

12月12日~

《回数》

14回

《開講日》

12/12・1/9・23・2/13・3/12・26・

4/9・23・5/14・28・6/11・25・7/9・23

 

《休講日》

12/24・2/27

《時間》

午前10時~12時半

《人数》

8人(5人以上で開講)

《参加条件》

初心者OKです♪

《料金》

5,500円

スタートが差し迫ってはおりますが、もしよろしかったら、ご参加ください♪

 

フネ☆ルーム・平航 拝具

次期講座のご案内です。

《2019年冬講座》

①木曜日講座

第2第4木曜日

あ)手相・人相術

開始

12月12日~

回数

14回

開講日

12/12

1/9・23

2/13

3/12・24

4/9・23

5/14・28

6/11・25

7/9・23

休講日

12/24・2/27

時間

午前10時~12時半

人数

8人(5人以上で開講)

参加条件

初心者OKです♪

 

い)スーパー基礎講座 *定員となりました。

開始

12月12日

回数

14回

開講日

12/12

1/9・23

2/13

3/12・26

4/9・23

5/14・28

6/11・25

7/9・23

休講日

12/24・2/27

時間

午後13時半~16時

人数

8人(5人以上で開講)

参加条件

初心者OKです♪

 

 

②土曜日講座

第2第4土曜日

あ)四柱推命術

開始

12月14日

回数

16回

開講日

12/14

1/11・25

2/8・22

3/14・28

4/11・25

5/9・23

6/13・27

7/11・25

8/22

休講日

12/28・8/8

時間

午前10時~12時半

人数

8人(5人以上で開講)

参加条件

スーパー基礎講座を受講された方

 

 

い)手相・人相術

開始

12月14日

回数

14回

開講日

12/14

1/11・25

2/8・22

3/14・28

4/11・25

5/9・23

6/13・27

7/11

休講日

12/28

時間

午後13時半~16時

人数

8人(5人以上で開講)

参加条件

初心者OKです♪

講義のご案内

占いを習う事にとても興味があるけど、習得する上で霊感や直観が無いと参加出来ないのではないかと思っている方々がとても多い事を耳にします。
でも…実はその様な特殊な天分は全く必要ありませんし、心配なさらなくても良いですよ♪
講義では毎年年賀状で目にする十二支や、神社仏閣に詣でると厄年・方位除け表で見かける一白水星などの九つの星の意味や活用法等をいろいろお伝えしていきます。
その知識と技術を繰り返し繰り返し心身に落とし込み、覚えさせ、染み込ませて行けば誰にでも占いは出来る様になります♪
私の占いの講義を受ける上で準備いただきたい大事な事は…
1)筆記用具を持参頂く事
2)万年暦をお持ち頂く事(こちらでご指示致します)
3)やる気と根気と前進力
これらをお持ちいただいて来てくだされば誰にでも占いは習得出来ますよ!

私の鑑定と講義は東洋占術が軸になっております。
その代表的な東洋占術は【四柱推命】・【九星術】・【方位風水術】です。
この3つの占術を操る為に必要かつ大事な基本項目をスーパー基礎講座にて学びます♪
例えますとお料理教室で正しい包丁の持ち方、切り方、調味料の計量器での計り方、下ごしらえの大事さ等を学ぶ内容です。
つまりスーパー基礎講座は【四柱推命】・【九星術】・【方位風水術】を完成させる為の下地を学ぶ講座です(^O^)/
スーパー基礎講座を受けた方は【四柱推命】・【九星術】・【方位風水術】の講座を受けられます♪
【四柱推命】を学びますと自分の生い立ちと未来、親や兄弟姉妹との関係、配偶者縁、結婚生活、肉親との関係、子供との関係、健康運、人生の流れ、吉凶等がわかるようになります。
【九星術】を学びますと自分や相手がどんな性格・価値観・潜在能力・適性を持っているかがわかり、相手との相性はもちろん、開運法等も学べます。
【方位風水術】を学びますと旅行や転居に良い方位を選び出せる様になります。
また転居時に大切な地理的な事を考慮した風水鑑定が出来る様になります。
気に入ったいくつかの建物の間取りを選ぶ際の吉凶がわかる様になり、さらには暮らす上での開運法・対処法等も学ぶ事が出来ます。 

もしこの文章を読んで少しでも『知りたい』と心が動かされたあなた♪
あなたの心が本当に求めているものは、占いを自分のものにして、バラバラになっている何かをまとめあげる事かも知れませんよ♪
 
講義代費は1回5,400円当日支払いです。入会費はありません(^^)v
参加条件は『やる気』『暗記』そして・・休まず『出席』です♪
*一回休まれますと講義内容がかなり先に行きますので、ご了解ください。
 
ご不明な点がございましたら、お気軽にご質問くださいませ。
お申し込みはお問い合わせフォームからお待ちしております。
(今季の講座募集は締め切りました。)



その時々でさまざまな占術をお伝えしておりますが、その一部をご説明いたします。

~四柱推命~
四柱推命の醍醐味と魅力は何かと申しますと・・・

この人の運勢が大運・年運・月運・日運・時運において吉凶がどちらなのか
自分の家族(配偶者)関係においての位置、立場、状況、先々の絡み
運気の隆盛期と健康運・災い運の判定が出来る

どこか明るさと未来を変えていく楽しさを兼ね備えているのが九星術ですが、 現実重視、これからの人生の吉凶の道しるべ、 家族関係との絡み合った人間模様を鑑ることが出来るのが四柱推命です。
こう記載すると四柱推命に対して嫌悪感を抱く方もおられるかもしれませんが、自分の生年月日から、自分の命式から見る家族の縮図を垣間見、どう両親は思っているのか?どう兄弟姉妹は思っているのか? 配偶者はどう自分を捉え、自分は配偶者に対してどう動こうとしているのか? 子供は?などなど、家族の、または自分の現実を鑑る事により現実を知り、それだからこそ最もよしとする方法で真正面から事にあたり、またはそれだからこそここは引いて時期を見ようなど、人間の心の状態を把握しながら動く事を手助けする素晴らしい占術だと私は捉えています。

~九星術~
今講義では、生まれた生年月日などを基に下記を推し量れる術を教授します。

先天的な性格、また後天的・潜在的な性格
この人の運勢が大運・年運・月運・日運・時運によりどう事象として出るのか
この人にとり、大事なキーワードは何か
この人にとり、移動の方位としてはどう動くのがいいか
易的な判断が可能
開運

上記を改めてご覧になっていただければわかりますように、本来の九星はこれ一つあれば何でも出来ちゃうというのが本当の姿であります。
しかしよく目にする日本の九星はどこか、産まれた年の本命星(1白水星、2黒土星、3碧木星など)だけで ざっくりと占われている事が多いです(厄年も九星の本命星から来ています)。
現在の日本の九星は365日一蓮托生のようになっていて、同い年は皆一緒のようになり目が粗く、他の占術よりも軽視されてしまっており、重宝されない傾向があります。
でも実は九星はまだまだ知り尽くされていない占術であり、九星にはいろいろな技があり、やり始めると本当はかなり高難度な技ばかり。
逆に言えば、だからこそみんなが好むような形に明治以降の九星はなり、ものすごく簡略化され、数字合わせになってしまい、形骸化されてしまっているのが現状です。
故に現在広まっている本命星だけで相性を見たり方位を見たりする事は勧めません。
現在方位は30度(四正)60度(四隅)で広まっていますが(明治以降)、私の講義では古儀である全等45度で見ます。
また私の九星術には十干十二支をふんだんに取り入れどんどん使っていきますので頑張ってください♪
講義中は恥ずかしがらず、わからないところは何度でもいつでも聞いてくださいね♪

~風水~
人間は、いろいろな事をする事により“気”が出て行く動物。
また、そのまましておくと、“気”が枯れていき(気枯れ(けがれ)疲弊し、 表情などに出てあるいは、体などに直接症状が出て、病にかかったりして行きます。
人はそれを防ぐ為に・・・

天丹(てんたん)・・呼吸法
地丹(ちたん)・・・食事療法
人丹(じんたん)・・人から取る

上記のことより人は自分の“気”を補完し、生きていきます。
しかしこの方法のほかにもっとたゆまなく、無期限的に、さらには強力に得られ、またマイナスは流すという様々な観点で古くから利用されてきたものが今回あげる『風水』です。

風水がもてはやされるのは、まず一言で言うと『大地の気の利用』であります。
この大地に流れている良き気を取り入れ、悪い気を流していく。 この良き気が流れているところを、龍脈といい、 その龍脈から流れ、良き気の貯まったポイントを龍穴といいます。

とはいえ、そのような龍脈や龍穴は真の風水師でも一つ見つけるのに莫大な時間と費用がかかり、また大体そのような良きポイントは既に使用されている場合がほとんどの為、 風水の本によく記載されている尋龍点穴は、ほとんど今は出来ないと言っても過言ではありません。
もっと言えばほとんど今の世では探してもないと言っても過言ではないでしょう 。
国土をベースにした探し方は出来なくても、現代に置き換えた私たちに出来る範囲内の龍脈(?)や龍穴(?)は見つけることが出来るかもしれません。
風水の“風”とはもちろん“かぜ”でありますが、風は風でも強風弱風などいろいろあります。

その風を良きものにするのも、強くてきついものにするのも山々が関係し、故に風水で大事なのは、家の後ろにしっかりとした山がそびえたっているか、左右をしっかりとその山々の尾根などで家を守っているかであり、つまり“風”とは健康を表していることにつながるのであります。この山々を山龍ともいいます。

では“水”とは何でしょう?
これは昔で言えば、田畑を肥沃にする為に欠かせない水であり、それにより出来た農作物が日々の金品に変わり、また時代が進むと船で物を運ぶ物品、金銭の流通手段になりと、つまり経済の発展を司るものを表しております。
この河などを水龍といいます。

では今で言う山龍とは何でしょう?
それはビルやマンションやデパート、大きな家屋、身近では塀や垣根がそれに該当します。もちろん本物があれば、それがまぎれもなく真の山です。

では今で言う水龍とは何でしょう?
それは現実にある河川はもとより、交通手段の一般道、 高速道、小道、鉄道がそれに該当します。

この山龍と水龍を上手く組み合わせて家を配置していくのが大事なのです。
これらを…巒頭(らんとう)という実際の形状からの提案、 八宅派という、主には玄関の入口よりその家の、部屋の吉凶を見る方法、玄空派というその時代という『時』を上手く使う方法を提案していきます。
お問い合わせ