フネのきまぐれ日記☆

ホームフネのきまぐれ日記☆

2021/06/20

今晩は。
9月~11月分の予約申し込みについてご案内致します。

①受付日時
7月9日午前11時
②ポイント
お一人様最大2枠迄予約可能

お受付がいつもより1時間早まります♪
どうぞ宜しくお願いいたします。

いつもありがとうございます。

フネ☆ルーム・平航 拝具

2021/06/20

おはようございます。
本日22時頃に9~11月分の予約受付日を
掲載いたしますので、どうぞ宜しくお願いいたします。
遅くなりまして申し訳ございません。
しばしお待ちくださいませ。

フネ☆ルーム・平航 拝具

2021/06/14

おはようございます。
7月に〈9月~11月迄〉の
鑑定予約の申し込み受付を行います。
まだ申込日は決まっていませんが、
6月20日にはホームページ上に、
掲載をする予定です。

それの先駆けてのご案内。
次回の申し込み受付からは、
〈お1人様2枠迄〉お取り出来る事を
復活しようと思っております。
もし良かったらご利用くださいませ。

ありがとうございます♪
平航 拝具

2021/04/20

今晩は。
現在予約の受付を頑張って行っておりますが、
まだ少々の時間がかかりそうです。
今現在…
メールのお返しが出来ていない方々におかれましては、
この場をお借りいたしまして、深くお詫び申し上げます。
大変申し訳ございませんでした。
何卒今暫くお待ちくださいませ。

いつもありがとうございます。

フネ☆ルーム・平航 拝具

2021/04/08

〈2021年04月13日お昼12時〉スタート♪

2021年6月~8月末迄の予約を受付致します♪
宜しくお願い致します(^ー^v


平航 拝具

2021/03/19

今晩は♪
2021年6月~8月末迄の予約受付日時をお伝えいたしますね。
〈2021年04月13日お昼12時〉受付開始いたします。
どうぞ宜しくお願い致します(^ー^v

フネ☆ルーム・平航 拝具

2021/02/28

こんにちは、フネです♪

皆様の御蔭で、鑑定の御仕事を丸19年続けさせて戴きました。

本当にありがとうございます、心より御礼申し上げますm(__)m

 

20年目に突入し、かねてより御伝えをさせて戴きました料金改訂を、

明日3月1日より行わせて戴きます、皆様には御負担を御掛け致します事を、

御詫び申し上げます、誠に申し訳ございませんでした、御赦し下さいませ。

 

持てる限りの精一杯の力で、皆様に御返しをさせて戴きます。

いつも本当にありがとうございます、感謝申し上げます。

これからもどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

 

フネ☆ルーム・平航 拝具

2021/02/21

お久しぶりです、フネです(^o^;)

 

2月21日朝5時…

真っ暗な闇夜に、光輝く星々を見ながら駅に行く事が日課であり、大好きな私。

いつもより、10分位遅く玄関の扉を開け、やや東から北東の空に目をやると、

他の星々と変わらぬ、いや幾分明るめの〈動く星〉が、私の両目に飛び込んだ!

瞬間的に凡そ検討がつき、行動は冷静でも、興奮をしている自分に気がついた!

『間違いない、ISSだ!生まれて初めて見た!あれが宇宙ステーションかぁ!』

今ISSには、三度目の宇宙(半年滞在予定)に旅立った野口聡一さんがいる。

日本上空をフライパスする僅かな時を、ISSから眺めていたのではないかな…

なんて想像をし、宇宙と私・野口さんと私が繋がっている今に、感動を覚えた。

予想していなかった天からの素晴らしいプレゼントに、今も興奮をしています。

 

地球で当たり前に暮らしていると、母国への慈しみと優しい気持ちを忘却する。

ISSから日本を見ている自分を想像したら、母国がとても愛しくなりました。

 

心が帰りたがる場所があるというのは幸せですね…

心が安堵をする大地があるというのは幸せですね…

毎日が当たり前過ぎて、感謝が足りなかったなあ。

毎日の喧騒なニュースに微笑みを忘れていたなあ。

宇宙に『きぼう』がある様に、人々の心に『希望』が宿る事を、祈念致します。

 

平航 拝具

2020/12/08

今晩はm(__)m

来年はいよいよ鑑定士人生20年目に突入致します。

20年目にして初めて、鑑定のお代の変更をさせて戴きたく存じます。

 

持てる力の限りと、真心を込めて、お代以上の鑑定をさせて戴きます。

御了解を戴けたら幸いです、ご負担をお掛け致します事を、
心よりお詫び申し上げます。 

 

〈改定後の御代〉

〈2020年1月1日受付から〉

①メール鑑定(全て税込)

あ:相性鑑定

4400円(一人につき)

い:方位鑑定

3300円(一人につき)

う:間取り図鑑定

3300円(一件につき)

え:新築の(未決定)間取り図鑑定(提案付き)

6600円(一件につき)

 

 

〈2021年3月1日分から〉

②鑑定(全て税込)

30分鑑定以上の受付になります事を、何卒御了承くださいませ。

 

30分

 6600円

40分

 8800円

50分

11000円

60分

13200円

70分

15400円

80分

17600円

90分

19800円

100分

22000円

110分

24200円

120分

26400円

130分

28600円

140分

30800円

150分

33000円

160分

35200円

170分

37400円

180分

39600円

※ 鑑定申込みの最大鑑定時間は5時間迄とさせて戴きます
※ 10分増えるごとに、2200円が加算されていきます

 

鑑定のお代の変更分につきましては、2021年1月4日予約申込受付分からになります。

2021年3月・4月・5月の予約受付分からになります。

 

皆様に多大なるご負担をお掛け致します事を、どうか御許しくださいませ。

これからも誠心誠意で頑張らせて戴きます、 今後とも末永く宜しくお願い致します。

フネ☆ルーム・平航 拝具

【君が代は 千代に八千代に さざれ石の 巌となりて 苔のむすまで】

改めましてこんにちは♪
さて?皆さんは国歌斉唱の時、きちんと歌われますか?
ここ30年前位からでしょうか…段々と学校でも会社でも、何らかの行事でも、
国歌斉唱の時、歌わなかったり、起立さえしない方々を多く見かけます。
恐らく『軍国主義の歌だ!』『天皇万歳の歌だ!』と認識しているからでしょう。
その様に話される方々が私の小さい頃から多くの大人に、時には教育者におり、
まことしやかに流布し、それを否定する人も訂正する人も現れずに来たからでもありましょう。
改めて【日本国歌】とはその様に流布されている内容なのかどうなのかを、
紐解いて行きたいと思いますので、もし宜しかったらご一読くださいませ♪

そもそも…
よく日本国歌に対しての不満意見として、上記に上げた内容の他に、
『歴史が浅い…内容が無い、他国の様な勇ましさが無い…』等と、
多方面から誹謗中傷する意見を多数耳に致しますが、本当はどうなのでしょう?
確かに【日本国歌】は成立したのが1880年であり、公にはその8年後の事で、
まだ今から遡っても歴史的に言えば130年越えたかな…というところです。
ところが!
この国歌には元になる歌が有った事を皆さんはご存じでしょうか?

今から約1200年前の平安前期905年に国家事業として、紀貫之氏等により、
21巻1111もの歌が納められた【古今和歌集】が編纂されました。
その中の第7巻《賀歌》の343番の歌に詠み人知らず(女性)にて、
現在の【日本国歌】の元になる歌がしっかりと納められているのです。
その元歌がこちらです。

【我君は 千代に八千代に さざれ石の 巌となりて 苔のむすまで】

どうですか?
違うところと言えば《我君は⇔君が代は》ですね。
この時代、女性が男性へ宛てて歌や文等を詠んだり認(したた)める時に、
《我君》と言う文言を使う為、詠み人は女性であると特定できます。
この歌は《賀歌》に納められている通りお祝い事や慶び事の時に歌われて来た歌で、
お家発展や家族の末永い幸せや長寿を願う為に多くの方々に歌われた歌なのです。
その様な歌であった事を皆様はご存じでしたか?

とは言え昔の古語においては言葉の意味が現代語に通じないものがたくさんあり、
読み解いて行くのがとても難しいですよね…私は古典…苦手でした(^o^;)
その古語を用いてギュット思いを凝縮した短歌を読み解くのは容易くはありませんし、
今から約1200年もの前の原文をそのまま今に伝えているわけですから、
【日本国歌】の意味において、誹謗中傷や難癖をつけられる隙があるのも否めません。
逆に言えば、誹謗中傷や難癖をつける方々は、大変申し訳ありませんが、
『あさはか』であるか、日本を良く思っていない方々の政治的利用と考えられます。

さてさて話は戻り、意味に移りましょうか。
ここでポイントになるのが、確かに《君》とは、今は君主的な意味、天皇を表しています。
しかし果たしてそれだけでしょうか?
昔から日本人は短歌等を詠む時に、表の意味と密かに届けたい意味を併せ詠んで来た民族。
では改めて表の意味の天皇ともう一つの意味を一緒に探って行きましょう。

《君=きみ》とはなんでしょうか?
一般的に現代の意味ならば《あなた》かもしれませんが、深い意味があるかも。
実はこの《きみ》には《成人した男女》と言う意味があるのです。
何故?と思われた方々も多いでしょう、当然です。
ではその《成人した男女》の意味になるルーツは何か?と言うと…
実はここには日本の神様が関係するのです!
まず《きみ》を《き》・《み》に分解を致します。

《き》=イザナ【キ】(ギ)ノミコト
《み》=イザナ【ミ】ノミコト

そう!実はイザナギ(キ)ノミコト様とイザナミノミコト様に関係しているのです(@_@)

天地開闢の為に地球に降臨された神々様の中で初めて性別を持たれた神様でもあります。
同時にこの地球に降り立ち初めて契りを交わし夫婦になられた男女でもあります。
そう…つまりそこから《成人した男女》になるのです。
故に《きみ》は《天皇》という意味だけを指すのではでなく、
《日本人の成人した男女》も指しているのです。

さてここで国歌の歌詞の最後の方に一度一気に飛んで見ましょう\(^o^)/
ここで着目するべき言葉は《むす》です♪
《むす》って《蒸す》じゃないの?と思われるかも知れませんが…違います。
ではご説明致しますが…実はここにも日本の神様が関係するのです。
イザナキノミコト様とイザナミノミコト様が降臨する前に遡ります。
天地開闢の為に地球に降臨された神々様、性別を持たれる前の神々様。
そう《造化三神様》と呼ばれる…
アメノミナカヌシノミコト様
タカミムスビ様
カミムスビ 様

今回はその神様方のタカミムスビ様とカミムスビ様に着目しましょう♪

何々?
と思うかもしれませんが、ポイントは《むす》です。
《むす》とは《生(産)す》とも書きます。
では《生(産)す》とは何か?
それは『子を養い育てて行く事』
つまり…
歌詞の初めと最後を繋げると《成人した男女が子を養い育てて行く事》となるのです。
ちなみに…
《むす》に《子》をつけると…《むすこ》息子。
《むす》に《女》をつけると…《むすめ》娘。
よく帰国子女という言葉がありますが、この本当の意味は《帰国男女》なのです。
改めて…
《むす》=《生(産)す》は『子を養い育てて行く事』ですから、繋げると…
成人した男女が夫婦になり家族を作ると言う事になるのです。
ちなみに縁結び(ちゃんと《むす》入ってますね(^o^;))の神社と言えば、
東京大神宮様がありますが、こちらには先程も登場した《造化三神様》である

アメノミナカヌシノミコト様
タカミムスビ様
カミムスビ 様

がきちんと祀られておりますよ~ただ単に縁結びの神社では無いんですよ♪

さて大きな内容がわかった所で中身を紐解いて行きましょう\(^o^)/

《代》
世代を表し、つまりは『世代を越えて』あるいは『時代を越えて』の意味

《千代に八千代に》
昔から〔八〕は末広がりの意味を表し、素直に八も表しますが、今回の場合は、
〔未来永劫〕が相応しく、『千の世代を越えて、さらには未来永劫代々…』
あるいは『千年も…さらには未来永劫迄…』

《さざれ石》
『細かい石』が直訳的な意味ですが、もう少し推し量ると…『成人した男女の作る一家族』

《巌となりて》
巌とは直訳すると〔さざれ石・細かい石〕が集まって大きな塊、岩を表します。
もう少し推し量ると…『(今は小さな家族でも)集まり結束しあっていけば大きな家族となる』
あるいは…
『(今は小さな家族でも)世代を越えて行けば大きな家族となる』

《苔のむすまで》
直訳すると『(巌にさらに)苔が養われて育って行く程になるでしょう』

ここでもう少し推し量ると…
『(結束しあって作り上げた大きな家族が)さらに互いに手を取り合い、
磐石な子孫繁栄へと繋がって行く事でしょう…』。

では改めまして現代の《日本国家》に目を向け、意味を汲んで行きましょう♪

【君が代は 千代に八千代に さざれ石の 巌となりて 苔のむすまで】

フネ訳
①公けの日本国家としての意味
【天皇は世代を越えて、千年も…さらには未来永劫迄、
今は小さな集団であっても、集まり結束しあって行けば、
大きな集団となり、ついには互いに手を取り合い、
磐石な日本、子孫繁栄へと綿々と繋がって行く事でしょう】

②日本国民へ向けた意味
【日本の成人した男女が世代を越えて、千年も…さらには未来永劫迄、
今は小さな一家族であっても、集まり結束しあって行けば、大きな家族となり、
ついには互いに手を取り合い、磐石な子孫繁栄へと繋がって行く事でしょう】

日本は神武天皇から平成天皇迄脈々と世代を越えて来ました。
また同時に日本人は幾多の荒波に耐えつつも、血を絶やす事無く、滅亡する事無く、
ここまで多くの子孫を増やしながら血を繋ぎ、大和魂を繋いで来ました。
私達一人一人は小さなさざれ石かも知れませんが、力を合わせ、巌となり、
現在の由々しき日本からもう一度正しき日本へ、舵を切り直して行きませんか?

【日本国歌】好きになってもらえたら嬉しいです((o(^∇^)o))

ちなみに…
現代の日本語もそうですが、特に日本の昔の言葉や古語は、
ヘブライ語に酷似しているとかいないとか♪
ではまた\(^o^)/

フネ 拝具

お問い合わせ